海外セレブの間でも大人気!?日本酒に隠された美容効果は本当か

日本酒に含まれる美容成分と美容法紹介

Home

日本酒の美容効果は期待大

日本酒

日本酒を使った美容法は、さまざまな効果を期待することができます。例えば、美肌効果が高いというものが代表的です。

日本酒には血流を良くする働きがあり、血行が良くなることで保温効果も期待することができるのです。冷え性改善にも役立ちますし、血流が良くなれば肌の調子も良くなり、ツヤツヤでポカポカの肌になることができます。

また、日本酒に使われている米粕にはたんぱく質やビタミン、食物繊維といった栄養素が含まれています。栄養補給に最適なので、健康維持にも繋げることができて便利です。

ただし、適度に飲むことが条件となります。毎日の晩酌程度がお勧めです。人によって適量は異なることから、自分に合った適量を知ることも大事です。他には、ガンを抑制するという働きも持っています。適量の日本酒を飲んでいる人が発ガン率が低いという統計が出ているのです。

それから、糖尿病予防にも役立つと言われています。日本酒に含まれている酒粕はインスリンと同様、血糖値を下げる働きを持っているのです。血糖値が低下することで、動脈硬化や肥満などを改善することもできるため、現代的な生活習慣病などにも期待できるものがあります。

このように、日本酒は美容と健康に役立つ成分がたっぷりと含まれたたいへん魅力的な飲み物なのです。

日本酒美容法の大原則は適量摂取

日本酒による美容法は効果的です。しかし、飲み方には注意が必要です。と言うのも、飲み過ぎてしまうと美容に逆効果となってしまうことがあるからです。

例えば、生理中にお酒を飲みすぎると生理痛がひどくなることがあります。特に、生理痛がひどいという人は、いくら美容のためとは言えアルコールの摂取は控えるべきです。

生理中は肝臓でアルコールを分解する能力が衰えやすくなっているため、いつもよりもお酒に酔いやすくなってしまうのです。すると、いつもは二日酔いをしないという人でも二日酔いになってしまうことがあります。

生理中はただでさえ頭痛や吐き気に悩まされている人もいるものです。それがさらに悪化してしまうことになるため、生理中の飲酒は避けた方が無難です。

また、飲酒によって肝臓の代謝も鈍ることがあります。これによって血流も悪くなってしまうため、余計に生理痛が悪化してしまうことがあります。痛みや不快感によるストレスも美容の大敵です。生理中はアルコールを含む刺激物は控え、できる限り安静にしましょう。

>>ひどい生理痛を和らげる方法

生理痛を悪化させること以外にも、多量のアルコールによる脱水症状による乾燥肌、またそれによってひき起こるニキビなど、お酒の飲みすぎによる美容への悪影響はたくさんあります。適量摂取は日本酒美容法の絶対条件となります。

>>日本酒を飲んでキレイになる美容法

日本酒を呑む姿は、美しい?

日本酒を飲む女性

お酒は、百薬の長と言われ適度に摂取するのも大事です。日本酒、ビール、焼酎からウイスキー、ブランデー、ワインなど飲む事でストレス発散する人も多いです。

なかでも日本酒は、男性が好むお酒のイメージがありますが、近年は女性がお店で飲むケースが増えています。日本酒バーなどが増え、そこへ通う女性も同じく増えています。

これは日本酒の美容・健康効果が注目を浴びその効果を期待する女性や、お酒そのものを積極的に楽しむ女性が増えていることが要因のひとつと考えられます。

また意外なことに、日本酒を適度に飲む女性は男性からの高感度を上げるというアンケート結果が出ています。気取らずに、なおかつある程度男性のお酒にお付き合いができるというのが、男性にとって心地が良いようです。

またお酒の話で盛り上がるなど、共感を得やすく距離が縮まりやすい傾向にあるようです。地酒などの珍しい日本酒を一緒に楽しむというのも良いですね。

このように、美容と健康に良いとされている日本酒は、別の意味合いでも女性としての魅力アップのサポートをしてくれるようです。

ただし忘れてはいけないのは、決して飲みすぎてはいけないということです。何事も「適度」が大切。調子に乗って飲みすぎて失敗しないようご注意ください。

新着情報
2014年5月7日
お肌に使う美容法
2014年5月3日
飲む美容法
2014年5月2日
フェルラ酸
2014年5月1日
米ぬか